とびきり美味しい甘夏マーマレードを作る。

      2016/05/22

まさに春の太陽のジャム!キラキラです。
 
 
甘夏の季節です。
自宅のお庭で収穫した方や、おすそ分けでいただく方も多いかと思います。
いちばんのオススメはフレッシュを味わうこと。
お料理だったら、【春キャベツと甘夏のサラダ】はいかが?
春キャベツをザクザク切って軽く塩をふってしんなりさせ、甘夏(薄皮と種を取る)を加えて、フレンチドレッシングで和えるだけ。
ドレッシングでなくても、お酢とオリーブ油、塩コショウだけでも十分美味しいですよ。
ハムや茹で海老を加えると、いっそう豪華になります。
 
生食の次にぜひぜひオススメしたいのが、甘夏マーマレード。
ご紹介するレシピはすこし手がかかりますが、それだけの価値があります。
苦味がなく、皮はやわらかく、ジューシーですっきりした美味しさを閉じ込めます。
まさに春の太陽色の美味!
キラキラした味わいをぜひ、作ってみませんか。
 
20110401_mjam_1.jpg


【極上!甘夏マーマレード】作り方:
 
材料: 減農薬栽培の甘夏3個以上、砂糖(黒糖以外ならok)、シェリー酒(または白ワイン。無くてもok)、よく切れる包丁か皮剥き器
作り方:
1)甘夏を剥いて、皮と実に分ける。
 
→ 用意した個数の2/3~4/5を使う。白い部分が入らないよう薄く剥く。よく切れる包丁またはピーラー(皮剥き器)を使いましょう。ケガをしないようくれぐれも注意!
→ 薄皮を剥き、種を取る。スジは取りきれなくてもok。オレンジを剥くときのように包丁で切り分けるとラクです(上下を切り落とし、薄皮と実の間に包丁を入れて取り出す。もちろん手で剥いてもok)
 
皮と実を分けたら、それぞれ計量して合計の重さ※をメモしておく!
 
2)総量※の50~60%の砂糖を準備する。甘夏マーマレードはしっかり甘い方が美味しい。
 
3)皮を茹でる。
沸騰したお湯に入れ、再沸騰したら1分間ほど茹でてザルに上げる(茹でこぼし)。
これを3回、繰り返す。
粗熱が取れたら、細かく千切りにする。
 
皮は3回茹でこぼしたら千切り。がんばって!
 
4)実と千切りした皮をホウロウ(またはステンレス)の鍋に入れ、砂糖を入れて混ぜ、1時間以上放置する。
シロップが上がったらシェリー酒(または白ワイン)を加え、中火にかける。
ぐつぐつ湧いたら弱火にし、アクを取りながら、全体の量が半分くらいになるまで煮詰める。
 
 
シロップがこのくらいまであがったら、
 
さあ火にかけますよ
 
ぐつぐつ煮ますよ。
 
ぐつぐつ。噴きこぼれやすいので注意!
 
噴きこぼれやすいので注意!決してお鍋から離れてはイケマセンよ。
 
5)熱湯消毒したビンに、ジャムが熱いうちに詰める。糖度が高いので常温保存可能。
 
手がかかりますが、数日に分けて作ることもできます。
 皮と実を分ける(1日目)冷蔵庫保存→ 皮を刻む(2日目)冷蔵庫保存→ 煮る(3日目)など。
 
 
こんがり焼いたトーストにバターを塗り、するりと溶けたところへこのキラキラ輝くマーマレードをこんもり乗せる…。
ささやかな幸せが口の中に広がります。
チーズとも相性よし。
クリームチーズやカマンベールに添えてどうぞ。
また、パウンドケーキに混ぜて焼いた甘夏パウンドケーキもとっても爽やかでおいしいですよ。
ぜひお試しを!

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ