チョコのお菓子を焼こう。

      2016/05/22

ラムレーズンのチョコレートブラウニー
 
バレンタイン用でもそうでなくても、あなたが女性でも男性でも、若者でもそこそこ大人でも、チョコレートを使ったお菓子を焼いてみませんか。
美味しくできたらきっと誰かと食べたくなって、愛とか友情とかが(わざとらしくなく)ごく自然に深まる、かもしれない。
もしちょっと不恰好になってもダイジョウブ、ざっくりしたお菓子なら「素朴な表情」と読み替えることができる、たぶん。
自分だけでひっそり食べることにしたとしても、ささやかな満足感で楽しくなる(こと請け合い、といいたいくらい)。
コーヒーか紅茶を丁寧に淹れて、本を広げるとか好きな音楽をかけるとかして、自分が焼いたお菓子を食べると、その日の残りの時間は間違いなくハッピーになる。きっときっと、いい一日だったと素敵な気分で眠りにつける。
お菓子ってそういうもの。
元気のもと、笑顔を伝えるカード。
 
よかったら、このレシピを試してみてください。
基本的に甘さ控えめですが、もっと控えめにしたかったら、レシピの砂糖の分量を減らすのではなく、チョコレートを超ビターなものに変えて作ってください。
ちなみに、チョコレートのお菓子は焼きたてより翌日の方が美味しいですよ!
週末にでもぜひ。
 
-----------------------------------------------
 
ラムレーズンとクルミのチョコレート・ブラウニー
軽さのあるガトーショコラのような、濃厚でしっとりした出来上がり。
上の写真は一年もののラムレーズンを使い、クルミはなし。大人の味です。ホワイトチョコとラズベリーを混ぜたチョコでお化粧してあります。
 
ナッツとチョコのスコーン
生地は甘さ控えめ、その分ナッツとチョコの美味しさが引き立ちます。ざっくりふんわり、食べ応え満点。温めなおすとチョコレートがとろけて美味。朝食にも!
 
オートミールのチョコチップ・クッキー
オートミールはシリアル(できれば無糖)に変えてもok。ザクザクした食感がウマイ。
 
チョコレート・シフォンケーキ
溶かしチョコレートではなくココアを使うので失敗知らず!生クリームでデコレーションしても。
 
 
 
チョコレートのお菓子を美味しく焼くには、今くらいの寒い季節がぴったりです。
カカオの香りが疲れた心をひととき、癒してくれることでしょう。
誰かのために、自分のために、ちょっとがんばってみるのも悪くないですよ!
 
 
 
★ランキングの応援クリック、よろしくお願いします
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ 


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ