ツナ・ゴーヤーチャンプルー

      2016/05/22


Dinner at home, 2013/08/06
 
沖縄県は一人当たりのツナ缶の消費量が日本一らしい。
(ツナ、ではなく英語っぽく「トゥーナー」と呼ぶそうです。)
 
ゴーヤーチャンプルーにも使うと聞いたので、作ってみました。
 
なるほど、これは美味しい!
ツナが全体に絡まり、ゴーヤーの苦味もマイルドになって優しい食べやすい味です。
缶を開けるだけで手も汚れないし、常備しておけるのもいいですよね。
 
 
【ツナ・ゴーヤチャンプル】☆レシピ
 
1)ゴーヤーは白いワタをかき出し、薄切りにする。
2)薄切り人参とゴーヤーをごま油で炒め、しんなりしたら軽く水切りした木綿豆腐を手で崩しながら加える。終始強火で、お豆腐の表面を焼き付けるように炒める。
3)鶏がらスープの素・オイスターソース・薄口しょう油各少々を加え、馴染んだら、ツナ缶(汁ごと)と溶き卵を加えてコショウをふる。
 
ゴーヤーはワタをしっかり取ることと薄切りにすることで、かなり苦味を減らすことができます。
よほどでない限り、わたしは特に苦味抜きの作業はしません。
ツナ缶と卵を加えたら、手早く混ぜてすぐ火を止める!余熱で火が通ります。
ツナ缶はノンオイル・食塩無添加のものを使っています。コクを出したい・強い味にしたい場合は、オイルあり味付きを使ってください。その場合は調味料を調節してね。
 
とても優しい味のゴーヤチャンプルです。
人参の甘味も食べやすいポイントよ!
 
 
 
今夜の晩酌ごはんのお献立。
だだちゃ豆、夏の和え物2種、焼きさつま揚げ、ツナゴーヤーチャンプルー。
 
脇役たちの絶妙な共演、饗宴でした。
満足!ごちそうさまでした。


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ