天丼弁当どーん!

      2016/06/03


天丼。きゅうりの味噌漬けと柚子添え。(11/15/2013)
 
この週は絶望的に朝がキツい日が続きました。この日もそう。
目覚ましアラームのスヌーズも無視して、ようやく起き出したのは、予定より1時間も遅い時刻でした。
 
お弁当、間に合わない!
ご飯は炊いてあるけれど、予定していたおかずは到底無理。
とりあえず卵焼きでも作ろうと、卵を割ったところでひらめきました。
そうだ、丼ものならできるかも。
冷蔵庫には、塩コショウの下味を付けたタラがいるし、お野菜もある。
大急ぎで天ぷらを揚げよう。
 
というわけで、天丼弁当です。
お弁当箱にご飯を詰めて、タレをかけておきます。
タレはお醤油、みりん、酒、砂糖、めんつゆ少々を煮詰めます。
お弁当用は甘めが美味しい。
 
天ぷらの衣は卵と薄力粉、米粉、氷水。米粉を使うと、冷めてもサクッとた食感が長持ちします。
タラ、かぼちゃ、ナス、いんげんを揚げて、熱々を甘辛いタレにさっとくぐらせます。
 
冷めてきたご飯の上に乗せて、もう一度タレをかけて出来上がり。
ご飯と天ぷらの衣がタレを吸うので、お弁当天丼はタレを何度かに分けてかけるのがポイント。
 
中学高校時代、母はよくお弁当に天ぷらを入れてくれました。
お昼に食べる頃には天ぷらとご飯が一体化して、ちょっとペタッとするのだけれど、それが美味しいのよね。
天丼のようにご飯に乗せてあることが多かったのですが、たぶんタレではなくお醤油をかけたものだったと思います。
人参やかぼちゃの天ぷらだと、お醤油の塩っぱさがちょうどよかったのを覚えています。
タレか、お醤油か、好みや気分で変えるのもいいかもしれませんね。
 
甘辛いタレの場合は、レモン(柚子やスダチ)を一切れ添えるといいですよ。
香りよし、後味すっきり。
お弁当でも大事なことですよね。


 

Facebook

 - お弁当コレクション, ひとくち目から美味しい!レシピ, 和食