牡蠣と豚肉のチゲ

      2016/05/22


 
深夜1時過ぎの晩ごはんです。
まだ水曜日。
早く食べて早く寝なくちゃ!
食べずに寝てしまうという選択肢もあるけれど、遅くまでおやつも食べずに(!)仕事をした夫サマに、それは気の毒過ぎる。
 
こんな夜にはお鍋がいちばん。
シンプルな湯豆腐も捨てがたいですが、キムチがあるのでチゲにしましょう。
フライ用に買った牡蠣があるので、これも使いましょうかね。
 
夜中だから辛さ控えめ、胃腸に優しく。
夜中だけど栄養しっかり、身体に元気。
夜中だけどおしゃべり楽しく、心に休息。
 
 
【牡蠣と豚肉のチゲ】 レシピ
 
①牡蠣を塩水で丁寧に振り洗いする。酒と水同量を煮たて、牡蠣をさっと煮る。
牡蠣は引き上げ、茹で汁に小さく切っただし昆布を入れてひと煮立ちさせる。
②土鍋に豚肉、長ねぎ、生姜、キムチを入れ、ごま油で炒める。
③白菜、えのき茸を加え、①の牡蠣の煮汁、白だしとオイスターソース少々を入れ、具が浸るように水を加える。
④白菜が煮えたら、豆腐と①の牡蠣を加え、ひと煮立ちさせてできあがり。
 
やや和風寄りの優しい味わいのチゲです。
辛いのが苦手な人にも食べやすく、でもチゲの旨みとパンチはしっかりあります。
辛みを効かせたい場合は、②でキムチといっしょにコチュジャンを加えるといいですよ。
牡蠣を下ごしらえするのはすこし面倒ですが、そのままお鍋に入れるよりも臭みが出ず、牡蠣はぷっくりして縮みにくくなります。
 
 
一人用の土鍋で、あっという間に熱々ぐつぐつが出来上がりました。
お鍋の中は豚肉のコクと牡蠣のだしの深い味わい、キムチの辛みと炒めた長ねぎの甘み、それらが足し算から掛け算になったようです。
「旨いなぁ」
と夫サマはスープもすっかり飲み干しました。
寒さと疲れで冷え切ったカラダはじんわり温まり、オーバーヒートしたアタマはゆっくりほぐれる。
牡蠣のビタミンB12と亜鉛、豚肉のビタミンB1で、心身の疲労回復もきっとよし。
 
週末までもうひと息。
明日の元気な笑顔につながりますように。


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ