昔なつかしコロッケ弁当とりんごきんとん

      2016/08/26


コロッケなど揚げ物をお弁当に入れるときは、ご飯がしっかり冷めてから入れましょう。
そうすれば、衣のサクサク感をある程度、保つことができます。
でも、ふにゃっとやわらかくなったコロッケや天ぷらも捨てがたいですよね、家で作るお弁当って感じで。

さて、今日のミニレシピは「りんごきんとん」です。


★りんごきんとん の作り方

1)りんごを小さめのひと口大に切り、小鍋に入れ、砂糖とレモン汁少々をまぶしておく。

2)さつまいもを大きめひと口大に切り、水にさらす。

3)さつまいもをりんごの小鍋に入れ、ようやくかぶる程度の水を加えて加熱。煮詰まって汁気がおおよそなくなったら強火にし、鍋を揺すりながら粉ふき芋にする。

4)熱いうちにさつまいもをフォークで粗くつぶし、おからパウダー、牛乳、バターを加えて混ぜる。味見して塩コショウを加えて味を調える。(おからパウダーはなくてもOK)

前にもTwitterかどこかでご紹介したかもしれません。
昨年の長い入院のときに、病院食で何度も出ました。
ものすごく美味しいというわけじゃないけれど、ほっとするやさしい甘さのおかずです。
繊維質豊富、ビタミン豊富です。
作ってみてくださいね。

Facebook

 - お弁当コレクション, お肉のお弁当