意外な美味しさ、味玉おにぎり

      2016/08/22

春眠暁を覚えず。
春は誠に眠いものでございます。
最近は麗しいこの桜の季節も花粉飛散量が非常に多く、花粉アレルギーの夫は体調が整わず、朝もお昼もつらそうです。
イカン、お弁当もぼーっと食べているんじゃないでしょうね。
ここはひとつ、眠気覚ましを忍ばせよう。

というわけで、本日のおにぎり弁当は真ん中に「プチびっくり」を入れておきました。
味玉むすびです。


いつものようにかぷっと噛り付くと、味玉ハーフがゴロンとお目見えする。
ご飯より玉子の方が存在が大きいので、ご飯巻き味玉を食べている感じかな。
ふふふ、ちょっと楽しいと思うんだけど。

帰宅した夫に訊いたら、「あれね、美味しかったよ」と、にっこり。
「両脇のしょっぱい・酸っぱいがちょうどよかった。交互に食べるとかなり美味しい」
なるほど食べ方の工夫も、美味しさに一役買ったみたいです。

もうすこし丁寧にいうと、こういうことです。
つまり、味玉むすびはゆで卵の甘みと、めんつゆの甘みで、やや甘口になる。
そこに左の刻み沢庵のおむすびの塩気、右の梅おむすび酸味があることで、塩・甘・酸の黄金トリオが完成するわけです。
素晴らしい。

何が素晴らしいって、実はわたしはそこまで考えていなくて、なんとなく感覚的に具を決めていたのです。
夫よ、よく気が付きました。
あなたによって、この味玉むすび弁当が完成されたといっても過言ではないでしょう。
ちょっとだけ大げさにいうと、時空を超えて食べ手と作り手が共同作業することで、お弁当の美味しさが広がったのです。
ふうん、感動したわ、ちょっとだけね。

★プチびっくりの 味玉むすび のポイント。

よく味の染みた味付け卵を半分に切り、それをそのままゴロンと具にし、おにぎりに握る。
(味玉の作り方は、昨日のエントリーを参考にしてくださいね。)
味玉がやや甘口なので、手塩は若干多めに。
ご飯と味玉がしっかりくっつくように、いつもよりすこし力を入れてぎゅっと握る。
海苔を巻いた方が食べやすいと思います。

☆味玉むすびのオススメポイント。
玉子焼きと違って、油を使わないので脂質控えめです。
ゆで卵は胃が膨れる(個人的感想)ので、かなり食べごたえがあります。
最初の一瞬、プチびっくりするので、楽しい気分になります。

Facebook

 - おむすび弁当, お弁当コレクション