自己流をより美味しく!おむすびワークショップ第2回(2016年7月)

      2017/02/08

作り慣れているからこそ、新しい発見がある!

「キッチンひめ」おむすびワークショップ第2回は、子育て中のお母さんたちが参加してくれました。

偶然ですが、参加者のお子さんは(小学生から高校生まで幅広いのですが)全員男の子。毎日のごはんもお弁当も、とにかく食べるらしい。作っても作ってもすぐなくなるから、お母さんはホントに大変です!おむすびもよく作っていらっしゃるようです。

実は、そんな作り慣れている方にこそ、ワークショップはオススメなのです!

というのも、子育て主婦にとって、おむすびは定番中の定番。ですが、作れるけれど自己流なの、という方が多いですよね。おむすびの作り方をちゃんと学ぶ機会は意外とないものです。

デモンストレーションのあと、みなさんに握っていただきました。ちょっとした自分のクセに気が付いたり、見逃しているポイントを発見したり…。いくつか握るうちにそれぞれコツをつかんだようです。

「ああ、なるほどー」「ふむふむ、こうすればいいわけね」
「ほんとだ、きれいにできた!」「あっ、おいしい!!」

参加者のみなさんは毎日、お弁当を作るので、おむすび弁当のポイントなどもお話しました。ふだんの食卓でもお弁当でも、より美味しいおむすびを作っていただけたら嬉しいです。

 

おむすびやおかずなどが所せましと並んで、試食を兼ねたランチは楽しいひととき。

試食を兼ねたランチは楽しいひととき。

 

今回はお楽しみ付き!

参加者全員がお母さんということで、絵本の読み聞かせボランティアを長年務めるKさんをゲストにお迎えしました。

取り上げた絵本は、「まゆとおに」(作:富安陽子、絵:降矢なな、福音館書店)。
美味しいおむすびが出てきます。Kさんの素敵な朗読で楽しい時間を過ごしました。

お楽しみは「まゆとおに」の読み聞かせ。素敵な絵本でした。

素敵な絵本でした!

 

★本日のお献立


 

おむすび:新潟コシヒカリを使用。塩おむすび、梅おかか、すじこ、ちりめん山椒、海苔、青じそ、とろろ昆布

おかず:冬瓜と海老・万願寺とうがらしの炊き合わせ、夏味のきんぴらごぼう、卵焼き、ぬか漬け・水なす漬け・生姜のピクルス

 

参加者の感想

  • 楽しかったです!自己流にやっていたおにぎり作り。新たな発見がたくさんありました!ひと手間で、こんなに美味しくなるとは!
  • 今まで無造作に握っていたから、アドバイスがもらえてよかった。自分が三角のおにぎりをうまく握れなかった原因がわかりました。
  • すじこを具にしたり、とろろ昆布を使うのが新鮮でした。帰ったら子どもといっしょに作ってみようと思います。
  • とても楽しかったです。今まで固めのおむすびしか食べたことがなかったので、もっちりおむすびのおいしさに感動しました。美味しいお料理とみなさんとのおしゃべりでパワーをもらったので、明日からまたがんばれそうです!
  • 食の大切さを実感しました。今まで以上におにぎりが好きになりそうです!自分でも美味しいものを作ろうという気持ちになりました。絵本の読み聞かせ、うれしかったです。

-----

ご参加ありがとうございました。

参加ご希望の方は「キッチンひめ」までご連絡くださいませ。

 

 - おむすびワークショップ, 過去のワークショップ