自家製味噌のもろきゅう。

      2016/05/22

自家製味噌のもろきゅう

 
今年の4月に仕込んだお味噌(※)が、いい具合になってきました。
家庭で食べるお味噌なので、長期熟成はしません。
仕込んで3ヶ月目くらいから、食べられます。
 
陶器のカメを開けると、お味噌の香りが飛び出しました。
明るい茶色がツヤツヤと光っています。
大豆の形はもうほとんどありませんが、自家製らしい粒々感はしっかり残っています。
そのまま舐めると、まだちょっとしょっぱい。
もう少し熟成させると、角が取れたまろやかなしょっぱさになります。
引き締まったしょっぱさの後に、どっしりとした旨みが波のように押し寄せます。ウマイ!
文字通りの手前味噌ですね。ふふ。
 
今夜はこのお味噌のお味見です。
パリパリのきゅうりに添えて、もろきゅうに。
お味噌そのままと、もうひとつは甘味噌にしました。
まだ塩気がトンがった若いお味噌は、甘くすると、ぐぐっと旨さが増すのです。
炒り胡麻をすって、お砂糖と少々のお酒、それとお味噌を混ぜ合わせます。
白胡麻を切らしていて黒胡麻しかなかったので、黒っぽい甘味噌になりました。
 
自家製味噌のお味噌汁に新米、基本的にして最高なる組み合わせ。楽しみ楽しみ♪
これだから、仕込みがちょっと力仕事でも、カメが場所を取ろうとも、味噌作りは止められないのです。
 
 
☆この夜のお献立;
ローストビーフ・海老の寒天寄せ・花豆の甘煮(いずれも昨日の残り)、ぬか漬けの古漬けおかか和え、たらこ入り炒り豆腐、自家製味噌のもろきゅう。ピオーネ。
 
※お味噌の仕込み;なるべく寒い冬の間にするのが理想


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ