ヘルシーなヨーグルト・パフェを作ろう。

      2017/02/08

おうちパフェ

ケーキでもアイスでもなくて、パフェが食べたい!という気分になることはありませんか?
でもカロリーが気になる…。そんなときは作っちゃいましょう!
大丈夫、グラスに重ねていくだけですから、とっても簡単です。

今回は生クリームの代わりに、ヨーグルトを使ったカロリー控えめのヘルシー・パフェをご紹介しましょう。

 

材料はこれだけ!家にあるもので作れる。

材料は、アイスクリームと楽しい具材、それとプレーンヨーグルト。それだけです。
今日の具材は冷凍フルーツとチョコレート、バタークッキー。家にあるものを使います。季節のフレッシュ・フルーツを使うのもいいですよね。

家にあるもの、手に入りやすいものを使おう。

家にあるもの、手に入りやすいものを使おう。

ひとつだけ、手間をかけます。それはヨーグルトの水切り。
そのまま使ってもいいのですが、生クリームの代わりとして使うには少々爽やか過ぎます。(そんなことは気にしないよーという方は、水切りしなくてもOK。その場合はアイスクリームを多めに使いましょう。)

コーヒーのペーパーフィルターかキッチンペーパー(ザルに敷く)にヨーグルトを入れて冷蔵庫へ。汁気を受ける容器をセットするのを忘れないでくださいね。
水切りは2時間くらいでOKです。わたしはコクやもったりした食感が欲しいので、一晩おくことが多いです。

コーヒーのペーパーフィルターを使うと簡単。

コーヒーのペーパーフィルターを使うと簡単。

出てきた汁気はホエイという液体です。栄養価に優れているので、捨てないでぐいっと飲みましょう。美肌になるかもしれません。

 

あとはグラスに入れていくだけ。味のバランスを考えよう。

大きめのグラスの底に、クッキーやカステラなどを敷きます。
あとはアイスクリーム、ヨーグルト、具材を層になるように入れるだけ。アイスクリームとヨーグルトの比率はおおよそ2:1を目安に。わたしは1:1にしてカロリーダウンしていますが、十分美味しいです。

具材はお好きなものを。
オススメは酸味のあるフルーツやジャム、食感を楽しめるチョコレートやナッツ・シリアル・クッキーなど。基本的にはどう作っても美味しくできちゃう(!)のですが、味のバランスを取りながら作ると、より美味しくできます。

 

クッキーやゼリーをトッピングすると楽しい

クッキーやゼリーをトッピングすると楽しい

どこにもないオリジナル・パフェの完成です!
ヨーグルトの水切りの手間はありますが、簡単で美味しいのでおもてなしにもおすすめです。お子さんといっしょに作っても楽しいですよね。

 

大人向けの美味しいヒント。

リキュールやスパイスをプラスしてみてください。
今日は自家製コーヒーリキュールと無糖ココアパウダーを。ぐっと大人なパフェになりました。

自家製コーヒーリキュール。コーヒー豆+ブランデー+氷砂糖。美味!

自家製コーヒーリキュール。コーヒー豆+ブランデー+氷砂糖。美味!

それではあなたもオリジナルの美味しいヘルシーなおうちパフェ・タイムを!

 

Facebook

 - おかしのレシピ, おもてなし術!ひめカフェ