おかわり必須!軽やかなオトナの激旨餃子レシピ

      2016/08/21

ウマイ!ウマイ!の大合唱

 
久しぶりに餃子大会をしました。
おうち餃子で大事なのは、全員参加ってこと。
わたし、具の担当。
友人、包み担当。(隠れた才能?手早くしかも美しい。感動!)
夫、焼き担当。(わたしより断然上手に焼きます。スバラシイ!)
みんなでどんどんさっさと作って、わいわいモリモリ食べて、ビールをくぴーっ!
やっぱり餃子はこうでなくっちゃね。
 
さて、本日の餃子はシンプル イズ ザ・ベスト。
お野菜を多めにして、あっさり軽めの味にしました。
カロリーだの、胃もたれだの、匂いだのは気にしなくていいの。
まさにオトナのための餃子でございます。
ビールと香醋(中国黒酢)の準備を忘れずに!
 
-------------------------------
【オトナ餃子】の作り方ヒント;
 
1)白菜とキャベツを粗みじん切りにし、ぎゅぎゅっと塩もみし、ぎゅーっとしっかり絞って水気を切る。
白菜もキャベツも「多すぎる?」と思うくらいたっぷり!がポイント。ボウルいっぱいでも、塩もみすると半分以下のカサになります。
 
2)長ねぎ・生姜・ニラをみじん切りにする。
 
3)大きめのボウルで、豚ひき肉を手早く混ぜる。まとまってきたら、お酒・塩コショウ・オイスターソース少々・ごま油・あれば五香粉(中華スパイス)を加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。
 
4)しっかり水気を絞った1)と2)のお野菜を加え、片栗粉少々も加えて混ぜ合わせる。→具の完成。皮で包んだら、すぐに焼きましょう。
 
★量の目安;
 絞った白菜:絞ったキャベツ:豚肉:ニラ=2:2:1:0.5
 
5)タレを用意する。香醋(黒酢)に千切り生姜を入れ、お好みでラー油を添える。
-------------------------------
 
とてもあっさりさっぱりと食べられるので、ホントにお箸が止まらなくなります。
実際、上の写真が一人分だったんですよ!
苦もなく、ぺろりと食べられました。
 
 
餃子のほかは、こんなお献立。
 
お豆腐と深谷ねぎの炒め物、たたききゅうりの和え物

炭水化物は餃子の皮とビールがあるので、ご飯はなしでした。
手前は、水切りした木綿豆腐と漬け菜と深谷ねぎの炒め物。
奥は、たたききゅうりの中華風ピクルス。
 
楽しくて美味しい餃子パーティーでした。
味をしめて、こんどは水餃子かしら、と密かに企んでいるところでございます。ふふ。
 
 
■香醋
中国黒酢。黒酢はお酢の中でも、アミノ酸がダントツに多い。黒酢の中でも「香醋」は熟成期間が短めで、色が薄く、酸味も香もマイルド。特に「鎮江香醋」は代表銘柄として誉れ高い。香醋は料理の調味料として使うだけでなく、お醤油のようにつけだれとしても美味しいです。
 
上海土産の香醋。酸味がマイルド

上海のお土産でいただいたもの。
酸味が穏やかで食べやすい。いろんなお料理に使っています。
 
FC2ランキング参加中。先日、海外赴任している友人が一時帰国。餃子の皮とおでんとお好み焼きの材料を山ほど買って帰りました。日本流ホームパーティーの必須メニューなんだそうです。餃子を食べたくなったら応援クリック!よろしくお願いします☆


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ