【チキン・ココナッツカレー】の作り方;

      2016/08/21

前菜いろいろ。ビールとワインがすすむ~♪

 
週末は、大学時代の友人たちを誘って、食卓を囲みました。
学生時代ははるか昔。
友情は変わらずとも、気がつけばみんな立派なオジサンです。
メタボリック症候群や肝臓値が気になるし、お酒も昔に比べればすこし弱くなりました(ほんとにすこし、だけどね。笑)。
そんなわけで、お料理もお野菜多め、パンチはあるけれどあっさり味指向と、中年仕様のプチ宴会料理でございます。
 
前菜は…
そら豆、もやしとソーセージのガーリック炒め、
甘夏のグリーンサラダ、玉ねぎドレッシングのトマト・サラダ。
よく冷やしたトマトサラダが、特に好評でした。→レシピはコチラ
 
 
 
ホタテとイカのマリネ・サラダ

こちらは、【ホタテとイカのマリネサラダ】。
ハーブと甘夏の皮のすりおろしで、香りも爽やかです。
ホタテも美味しかったけれど、イカがねっとりと甘く、オイルとハーブの風味でとても美味しくなりました。
→レシピはこちら
 
 
 
 
そして本日のメインは、南国風味のチキン・カレー。
 
チキンのココナッツカレー。美味しいです!

バナナやリンゴ、ココナッツが入って、まろやかな甘みとコクがあります。
圧力鍋を使うので、果物も玉ねぎもとろとろ、鶏肉もほろほろ、やわらかしっとり。
刻んだピーナッツと香菜(シャンツァイ / コリアンダー)のトッピングも手伝って、口元に運ぶスプーンの先から、もう南国の空気があふれて食欲を刺激します。
 
むむむ、コレは旨い!かなりウマイ!
 
ごちそうさまの代わりにいただいた言葉は、
「もっと食べたいけれど、もう食べられなーい!」
殿方の胃袋も十分満足したようでした。ふふふ。
 
---------------------
【チキン・ココナッツカレー】の作り方;
 
1)鶏肉(手羽元と胸肉)をビニール袋に入れ、ヨーグルトとオリーブ油、カレーパウダー、塩コショウを加え、冷蔵庫で30分ほど置く。
 
2)玉ねぎを黄金色になるまで炒め、圧力鍋に入れる。人参も炒めてからお鍋に加える。
 
3)鶏肉を焼いて圧力鍋に加える。(焼き色がつけばOK)
 
4)小さく切ったバナナ・りんご・セロリ(葉も入れる)・生姜・にんにく・トマト缶を加え、具材がしっかりかぶる量の鶏がらスープを入れ、圧力をかける。
 
5)減圧して常温まで冷却したら、スパイスと塩コショウ、ヨーグルトとレモン汁少々、ココナッツミルク缶を加え、好みの濃度まで煮詰める。あればピーナッツバターも加えるとよい。
※スパイスは、カレー用に調合されたものを使うと便利です。無ければ、チリ・ターメリック・カルダモン・クミン・コリアンダーなどを使う。
※とろみのあるカレーをお好みならば、ルウを1/3~半箱程度加え、スパイスも加えて調節すると、とろみも味も決まりやすい。
 
6)ピーナッツと香菜を刻んでトッピングしてできあがり!
---------------------
 
 
カレーは大量に作って大勢で賑やかに食べると、いっそう美味しいですね。
食べすぎ注意のお年頃ではありますが、友人たちと夫がもりもり食べる姿を見るのは、ほんとに嬉しい。
ほろ酔い加減のわたしは、うれしくってたのしくって、いい気分♪
「多少食べ過ぎたって、明日から粗食にすればダイジョウブよ!たくさん食べてね!おかわりもしてね!」
と、悪魔のささやき(?)に励んだのでした。
 
 
ところで、友人はふたりとも今もって独身。
ひとりは雑学豊富でいろんな意味で頼りになるビジネスマン、もうひとりは心優しい上品な好青年でただいま資格試験受験中。
ふたりともとってもイイヤツなんです。
スポーツマンで、家事もできて、立派なおうちもあるし。
早く素敵なお嫁さんが来るといいのにね、とわたしは勝手に思っているのですが…。
どなたか立候補する方がいらしたら、ご連絡くださーい!
 
 
カレーでみんな満腹になってしまったので、お土産のハーゲンダッツはわたしが独り占めしました。幸せ~♪応援クリックお願いします!
FC2ランキング参加中。
こちらもぜひ!クリックすると順位が上がります。にほんブログ村 料理ブログへ


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ