きゅうりがたくさんあります!~夏の保存食・お漬物

      2016/05/22

きゅうりの醤油漬けと柴漬け
 
夏の日差しを浴びて、ぐんぐん元気に育つのがきゅうり。
夫の実家から、自家菜園のきゅうりが山ほど届きました。
サラダやお酢の物、ぬか漬け、さっと強火で中華風に炒めるなど、美味しくいただいています。
でも、すぐには食べきれないくらいたくさんあるので、簡単なお漬物を作りました。
きゅうりのキューちゃん風の醤油漬け(写真手前)と、自家製梅酢を利用した柴漬け(写真奥)です。
ご飯の友によし、おそうめんや冷奴の薬味にもよし、お茶漬けにしても美味。
ちょっぴり大人味なので、お酒にも似合います。
どうぞお試しください。
 
 
------------------------------------------
【きゅうりの醤油漬け キューちゃん風】
 
1)きゅうりは5ミリ厚程度の輪切りにし、3~5時間、天日で干す。
 
2)漬け汁を作る。
お醤油100cc、みりん50cc、お酢25cc、お水50cc、これにお砂糖大さじ1、生姜の千切り、刻んだタカノツメを加え、沸騰させる。(割合はお好みで調節してください。)
 
3)漬け汁が熱いうちに、保存容器にきゅうりと漬け汁を入れる。あら熱が取れたら冷蔵庫保存。
 
 
------------------------------------------
【梅酢で簡単しば漬け】
 
1)きゅうりとお茄子を大きさを揃えて切り、お茄子はごく軽く塩をまぶす。3~5時間、天日干しする。
 
2)漬け汁を作る。
梅酢 2 :みりん 1 を基本にし、梅酢の味をみながらこれにお酢やお砂糖少々を足して、沸騰させる。
熱いうちに昆布、生姜の千切り、みょうが(さっと塩茹でし、食べやすく切る)、を加える。
 
3)漬け汁が熱いうちに、保存容器にきゅうりとお茄子、漬け汁を入れる。あら熱が取れたら冷蔵庫保存。
 
簡単しば漬け
 
 
 
どちらも冷蔵庫で、3週間程度保存できます。
食べ頃は、仕込んでから1~2週間後くらい。
漬け汁の割合と仕込みの期間は、おおよその目安です。
味や漬け込み期間は、使用するお醤油や梅酢の味、きゅうりやお茄子の大きさによって異なるので、適宜味見をして判断してください。
 
 
★コメント書き込みは、お気軽にどうぞ!ランキングの応援ポチ、よろしくお願いします!★
→FC2ランキングに投票する♪ 
→ブログ村ランキングに投票する♪


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ