しゃけ弁、親子丼弁当。

      2016/05/17

8月第4週のお弁当から。(夫のためのお弁当です。)
 
◇この週のジョグ(Mon.-Sun.); 約17km。水曜日、出勤前に近所を朝ジョグ。日曜日、夕涼みジョグ。カラダが重かったが、気持ちよかった。
 
☆月曜日; 甘塩鮭、甘い卵焼き、ししとうのおかか炒め、蒸しさつまいも、たくあん。
しゃけ弁
 
のり弁です。しゃけ弁、でもあります。
のり弁の海苔については諸説あると思いますが、本日は小さくちぎったものをご飯に混ぜて、お醤油をちょろりとふってあります。
おたくあんには、小さなひと工夫を。
少々しょっぱかったので、みりんとお醤油ちょっぴり、それにかつおぶしをまぶしました。
 
 
 
 
☆火曜日; 親子丼、おナスのオイソターソース炒め、ゴーヤーの梅肉和え、ぬか漬けきゅうり。
親子丼弁当
 
ふるふるとろとろの親子丼弁当です。
ヒミツは2つ。
ひとつは、卵を2回に分けて入れること。これはお弁当でなくてもしますよね。
もうひとつは、くず粉を使うこと。
ふつうに作った親子丼は、どうしても汁気が出ます。
そこで、お出汁で溶いたくず粉を溶き卵に加えて、卵とお汁のとろみを閉じ込めました。
出来立てそのもの、とまではいかないけれど、かなりいい具合に保てます。
 
ところがお昼、夫はビジネスランチに拉致され、お弁当は同僚にお願いしたようです。
お昼過ぎ、その方からメールが来ました。
 
「親子丼は大好物なんです!お弁当なのに卵がトローリとしててとってもおいしかった~。
今日は残業予定で、お昼はしっかり食べたかったので、有難かったです。
ごちそうさまでした」
 
いえいえ、こちらこそ押し付けた格好で申し訳ない。
お弁当がムダにならなくて、わたしも食材たちも嬉しかったです。
ありがとう。お粗末さまでございましたー。
 
 
---------------------------------
 
この週はお弁当を作ったのは2日間のみ。
週の後半は、例の軽井沢ジョグ合宿のため、お弁当もお休みでした。
 
昨日のこと。
宅急便屋さんに荷物を取りに来てもらいました。
顔なじみのお兄さんなので、お金を支払いながら、「ずいぶん涼しくなりましたね」と話しかけました。
お兄さんは、「そうですねぇ。仕事的には、だいぶ助かります」といつもの笑顔を見せました。
「ほんとね。真夏はタイヘンでしたよね」
「でも、」とお兄さんは受け取ったお金をサイフにしまい、ふっと空を見上げました。
「ちょっと寂しいですねぇ、夏が行ってしまうのは」
そのとき、カナカナカナカナ…とヒグラシが声を張り上げました。
「じゃあ、お預かりします」「よろしくお願いします」
お決まりの会話を交わして、お兄さんは駆け足でクルマへ戻っていきました。
もう秋ですね、とわざわざ言葉にはしなかったけれど、季節が移ろう切なさを共有したひとときでした。
 
 
* * * * * * * * *
涼しくなったのは嬉しいけれど…
夏の疲れか、不調です。食欲ないし(かなりめずらしい!)。。。
ぼんやりした疲れを感じている方、多いようですね。
どうぞみなさん、お気をつけて。無理しないでいきましょう。
 
==================================
★コメント書き込みは、お気軽にどうぞ!
★ランキングの応援クリック、よろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村 
 
 
☆twitter始めました。ブログの左上に、わたしのつぶやきが出ます。よろしくね!キャッ


 

Facebook

 - 1週間のお弁当の献立, お弁当コレクション