すき焼き弁当と塩麹ゆで卵の作り方

      2016/08/22

すき焼き弁当、美味しそうでしょ?
いえいえ、美味しそうなのではなく、かなり美味しいです。
が、実は意外と手間がかからない。

小鍋にお出汁、お酒とみりん、お醤油、お砂糖を入れて煮たてます。
下ゆでしておいた人参、分厚い油揚げを入れてすこし煮て、油揚げに味が染みてきたかなというタイミングで長ねぎを投入。
油揚げは焼き豆腐の代わりです。
だって、お弁当用にわざわざ焼き豆腐を買ったら余っちゃうもの。
なるべく分厚い油揚げを選んでください。
なかったら、厚揚げでもいいですよね。
そうそう、今日は水煮のタケノコも入れました。
歯ごたえがあるものを入れると、アクセントになります。

長ねぎからすこし遅れて、いよいよ牛肉の出番です。
すき焼き用などの立派なお肉でなくて、切り落としで十分です。
むしろ切り落としの方がいい。
というのも、お弁当にはひと口サイズのお肉がいいわけですが、切り落としなら包丁で切る手間が省けるから。
それに霜降りのところ、赤身のところ、いろいろな部位が入っているのも好都合です。
お肉を入れたら、均一に火が通るようにざっと混ぜます。
そして色が変わったら、火を止める。
余熱でゆっくり味が染み込み、お肉も硬くなりません。

お弁当箱に詰めるのは、常温まで冷めてからね。
汁気が出るので、すき焼き丼スタイルがおすすめです。
甘辛い味は冷めても美味しいですよ!

塩麹ゆで卵について複数お問い合わせをいただいたので、作り方を載せておきますね。


★塩麹ゆで卵 の作り方

①ゆで卵を作る。

②ラップもしくはビニール袋に、ゆで卵と塩こうじを入れ、空気を抜くようにしっかり縛り、冷蔵庫でひと晩置く。(この状態で数日間保存できます。)

③塩こうじを軽く拭って食べます。2日以上置いた場合は塩気が強くなるので、さっと洗う方がいいかもしれません。そのあたりは適当に。

ほんのり塩気と旨みがついて、美味しいゆで卵になります。
お弁当のおかずにぜひ!
卵焼きよりも簡単、カロリーも低いですよ。

Facebook

 - お弁当コレクション, お肉のお弁当