飲んだらきっと幸せ、いちごソーダ。

      2016/05/22

飲んだらきっと元気になる、いちごソーダ

 
ちょっと疲れたとき、こんなきれいな色の飲み物はいかが。
いちごのソーダ水です。
フルーティーないちご味は甘すぎず、香りも強すぎず穏やか。
なんといっても、人工甘味料だの香料だの赤色×号の色素だの、そういう賑々しいものとは無縁な、素朴でシンプルな飲み物です。
触ったらやけどしそうな赤ではなくて、透明感のあるみずみずしい赤が気に入っています。
クリアな赤のグラデーションから、炭酸の小さな泡が途切れなく生まれては上って、やがて消えていく様子は、いつまでも見飽きない。
といっても、結局飲んでしまうわけだけど、グラスの中の天国を壊さないよう、そそそっとストローで飲むと、カラダも心もなんだか透明感が出てきて軽くなる気分になります。
まるで、くたっとしぼんで落ちた肩を、「ダイジョウブ、いいことあるよ!」と軽くぽんっと叩いてくれるような、そんな感じ。
 
実は、いちごソーダはジャム作りの副産物です。
イチゴのシーズンも終わりに差し掛かる頃、週末になると、せっせと八百屋さんで小粒イチゴを買ってきてはジャムを作っていました。
お砂糖とレモン汁少々で煮つめてジャムにするのだけど、その途中で、ぶくぶく出てくる泡を取り除かなくてはなりません。
煮物のアクだったら捨てるところですが、ジャムのアクをそのまま捨ててしまうのはちょっともったいない。(けっこうな量があるしね。)
そこで、大量のぶくぶくをすくってちびちびとビンに溜めてみました。
すると、時間が経つと、アクの部分とキレイなシロップと、くっきり二層にわかれるのです。
で、そのシロップ部分をソーダ割りにしたら、あら、なんておいしい。
牛乳に混ぜて、いちごミルクにするのもおいしいです。
あまりおいしいから、ぶくぶくではない、きれいなシロップのところまですくって集めてしまいました。
 
 
 
ジューシーないちごジャム。甘さ控えめです

 
 
ちょっとくたびれたとき、いちごソーダはなかなかいいです。
飲んでみたい方は、キッチンひめカフェへどうぞ。
いちごジャムも、ジューシーで甘さ控えめ、おすすめです。
ご希望の方には、ご案内をお送りします。
 
…なあんてね。
なんでも欲しいままに、手に入れようとしてはいけませんよ。
世の中には、想像しているときがいちばん幸せ、っていうものもあるのです。
 
 
★コメント書き込みは、お気軽にどうぞ!ランキングの応援ポチ、よろしくお願いします!★
→FC2ランキングに投票する♪ 
→ブログ村ランキングに投票する♪


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ