こんなお弁当つくっています~(171) 。鶏からむすび、からあげのコツ。

      2016/05/20

まだまだ続く今さらシリーズ(すみません、大汗)、2010年1月第4/5週のお弁当から。(夫のためのお弁当です。)
 
☆金曜日(第4週); 鶏のから揚げ、ほんのり甘い卵焼き、ほうれん草のぽん酢和え、お漬物と小梅干。
からあげ弁当
 
【お弁当用から揚げのコツ】
 
1)お肉は小さめに、削ぎ切りにします。火が早く通るようにするためです。
から揚げというと、モモ肉を使うことが多いかと思いますが、わたしはムネ肉が多いです。
 
2)生姜汁、粉末コンソメ少々、玉ねぎすりおろし、オリーブ油少々をもみこみます。
玉ねぎとオリーブ油が、冷めてもやわらかから揚げの大きなポイント。
お弁当用なので味をしっかりつけるために、粉末のコンソメ(チキンブイヨンでもOK)を混ぜています。
 
3)衣は小麦粉と片栗粉、あれば米粉を混ぜるとカリッとした食感が保たれます。
 
 
 
 
☆月曜日(第5週); ほうれん草とベーコン入りペンネ・アラビアータ、ウインナー、おみかん。
ペンネアラビアータのお弁当
 
瓶詰めのアラビアータソースを利用、トマトのほかいろいろ具を足しています。
 
 
 
 
☆火曜日; おナスと鶏肉・かぼちゃの甘辛味噌炒め、長いもと海老の含め煮、ほうれん草の胡麻よごし、塩昆布と梅干、いちご(写真なし)
ナスと鶏肉の味噌炒め弁当
 
わたしのお弁当づくりについて、ご質問を受けたのですこしお話します。
 
お弁当は基本的に朝作る派です。手早くのコツは…
1)おかずはお漬物込みで3品でOKと割り切る。(足りない栄養素は朝食と夕食でカバー。お弁当はあまりこだわらない。)
2)調理は2~3ステップで。切る →炒める/煮る →和える
3)前夜のおかずも時々活用。
 
そんな感じなので、実は凝ったものはあまり作っていないです(汗)。
朝食も入れて、おおよそ40~50分くらいかかっています。
以前は、羽釜でその都度、炊飯していたのですが、お弁当を始めてからはもっぱら炊飯器のタイマー炊飯です。
ゆるゆる楽しんでがんばる、が基本姿勢です!
 
 
 
 
☆水曜日; 鶏からおむすび、お漬物。
からあげむすび弁当
 
天むすならぬ、唐むす、です。
ご飯に、刻みパセリとハーブソルトで風味をつけました。
天むすより、ほんのすこし洋風の気分が出ます。
かなり好評でした!
 
 
---------------------------------------------
長らく放置していて申し訳ありませんっ。
病院へ行ったり、帰省したり、発熱したり、盛りだくさんな4月を過ごしています。
いくら日本の春が「花冷え」など気まぐれがあるにしても、今年の春ちゃんは相当ご機嫌ななめですね。
みなさんもどうぞ体調にはくれぐれもお気をつけて!
 
 
毎日の小さなおしゃべりは twitter で!Follow me!! 
※非メンバーの方はこちらでどうぞ
 
==================================
★コメント書き込みは、お気軽にどうぞ!
★ランキングの応援クリック、よろしくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村 


 

Facebook

 - 1週間のお弁当の献立, お弁当コレクション