パンプキンマフィン

      2016/05/22


 
ふんわりしっとり、かぼちゃたっぷりのパンプキンマフィンが焼きあがりました。
白いトッピングはホワイトチョコです。
甘さ控えめで生地は軽め、作り方も簡単!
優しい味なので、お子さんはもちろん、お菓子はちょっと…な大人も美味しく召し上がっていただけると思います。
バターを少し使いますが、オリーブ油ベースです。
 
 
-----------------------------
【パンプキンマフィン】レシピ
 
材料: 135mlのマフィン型6個分
かぼちゃ300g(小さめのかぼちゃ1/2個くらい)、有塩バター30g、砂糖60g(30gを2つ計量しておく)、卵2個、プレーンヨーグルト60g、オリーブ油大さじ3、バターミルクパウダー大さじ2、粉(薄力粉200g、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、重層小さじ1/2を合わせてふるう)、ホワイトチョコ40g(明治の板チョコ1枚)
 
①かぼちゃピューレを作る。
かぼちゃを皮ごと小さく切り(皮はお好みで半量ほど取り除いてもOK)、耐熱容器に入れラップをふんわりかけて、電子レンジで5分加熱する。
②熱いうちに、有塩バター30g、砂糖30gを加え、フォークで粗くつぶす。ペースト状にする必要はありません。あればシナモンパウダーとジンジャーパウダー適宜を加える。
③大きなボウルに、卵2個、プレーンヨーグルト60g、オリーブ油大さじ3、砂糖30g、バターミルクパウダー大さじ2、バニラオイル少々を加え、よく混ぜる。
④②のかぼちゃピューレを加えてよく混ぜ、粉()をふるって加え、上下を返すようにさっくり、でもダマが残らないように混ぜる。
⑤マフィン型に生地を流し入れる。ホワイトチョコを小さく割って、生地の中にひとかけら押し込み、残りはトッピングする。
⑥180℃に温めたオーブンで160℃に落として、20~25分間焼く。
 
☆バターミルクパウダーは無ければ省略可。
ただ、加えた方がふんわり軽い生地になり、コクも増します。ホットケーキやパンケーキ、スコーンを作るときに加えるといいですよ。
 
☆紙のマフィン型を使う方へ
天板に直接置くと、底の部分に熱が入りすぎてパサパサになりがちです。
陶器のココットや耐熱容器に入れてから天板に置くと、熱の当たりが間接的になるので、パサつきが抑えられ底までしっとり焼きあがります。
 
基本的に混ぜるだけの簡単なレシピです。
ざっくり大雑把に作っても美味しくできますよ。
 
 
 

 
ふんわりモコモコと膨れました。
ホワイトチョコは溶けずに、焼きチョコになります。
黒く見えるのはかぼちゃの皮です。
美味しそうでしょう。
 
割るとこんな感じ。
 

 
オリーブ油ベースの生地なので脂っこくなく、ふんわり軽くて蒸しパンのような食感です。
かぼちゃがゴロゴロしているのが見えますよね。
つぶしすぎないのが美味しいのです。
もし甘さが足りなかったら、蜂蜜やメープルシロップをかけてください。
 
 
我が家はハロウィンの習慣はありません。
でも、かぼちゃを美味しく食べる日なら大歓迎です。
みなさんも楽しい美味しいパンプキンデーを!


 

Facebook

 - ひとくち目から美味しい!レシピ